【 マロー (アオイ科) 】 〜 “夜明けのハーブティー” 〜

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 野菜図鑑
  3. 【 マロー (アオイ科) 】 〜 “夜明けのハーブティー” 〜

野菜の栽培に必要な情報がすぐわかる!野菜図鑑

【 マロー 】 〜 “夜明けのハーブティー” 〜

マロー

マロー

アオイ科
その他のアオイ科の野菜
葉を食べる野菜

特徴

マローの中でも最も一般的なコモンマローは、別名をウスベニアオイといい、夏に紫がかった濃いピンク色の花を咲かせます。この花でハーブティーを入れると美しい青色になりますが、レモンを入れるとその青色がピンク色に変わるため“夜明けのティー”、または“サンライズティー”という素敵な名前が付いているそうです。
コモンマローの他には、かすかにジャコウの香りのするムスクマローという品種もあります。

育てやすさ育てやすさ 育てやすさ
←簡単 難しい→
温度発芽温度 15〜25℃
株間株間 50cm前後

▲ページTOPへ

カレンダー

マローの栽培カレンダー

▲ページTOPへ

病害虫

特になし

▲ページTOPへ

カレンダー

・寒さに強いので育てやすく、こぼれ種でも増えるほど丈夫なハーブです。種まき、挿し木、株分けなどで簡単に増やすことができます。
・日当たりが良く、水はけの良い場所で育てましょう。
・マローは直根性の植物で、太く長い根を持ち、移植を嫌います。できるだけ直まきで育てましょう。
・花や込み合ってきた枝は、なるべく摘み取ってしまう方が、その後の生長や花付きが良くなります。
・花を収穫するときは、朝のうちに摘み取って、乾燥させて保存すると良いでしょう。

▲ページTOPへ

栄養分

ハーブティーにして利用されることが多く、喉の痛みや炎症を鎮める効果があるとされています。また若い葉や芽は湯がいてサラダやスープなどに、花もエディブルフラワー(食用の花)として、サラダに散らすなどして利用されています。

▲ページTOPへ

おすすめアイテム

▲ページTOPへ