【 バジル (シソ科) 】 〜 イタリア料理に欠かせません 〜

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 野菜図鑑
  3. 【 バジル (シソ科) 】 〜 イタリア料理に欠かせません 〜

野菜の栽培に必要な情報がすぐわかる!野菜図鑑

【 バジル 】 〜 イタリア料理に欠かせません 〜

バジル

バジル

シソ科
その他のシソ科の野菜
葉を食べる野菜

特徴

料理やコンパニオンプランツとして、トマトとの相性が抜群のハーブですね。生のまま料理に添えたり、大量に収穫したらソースにして保存する、という方も多いのでは?
日当たりがよく、栄養豊富な土でよく育ちます。
木原先生の「おいしい寄せ植え講座」#01:トマトとバジルはベストパートナーはこちらから!

育てやすさ育てやすさ 育てやすさ
←簡単 難しい→
温度発芽温度 20〜25℃
株間株間 20〜30cm

▲ページTOPへ

カレンダー

バジルの栽培カレンダー

▲ページTOPへ

病害虫

軟腐病、ベニフキノメイガの幼虫、ハダニ、オンブバッタ、アブラムシ、ナメクジ、ヨトウムシ

▲ページTOPへ

カレンダー

・低温に弱いので、十分暖かくなってから栽培を始めましょう。種から簡単に栽培できますが、挿し木からでも育てることができます。
・種まきは薄く土をかけ、本葉が出始めた頃から間引きを始めましょう。本葉が5〜6枚になった頃、最終的な株間にします。
・葉につやがなくなってきたら、土に養分が少なくなってきた証拠です。液肥などをあげると良いでしょう。
・乾燥しすぎると葉が固くなるので注意しましょう。
・背丈が15〜20cmになったら、収穫できます。バジルは、わき芽を伸ばしてやるほうがいいので、収穫を兼ねて摘心しましょう。また、蕾ができるとそちらに栄養を取られてしまうので、こちらも同様に摘み取ってしまいましょう。

▲ページTOPへ

栄養分

バジルの香り成分には鎮静作用があり、リラックス効果を得ることができます。また、食欲や消化を促進する作用、抗菌作用もあることが分かっています。
また、栄養素としては、カロテンやビタミンEなどを多く含んでいます。

▲ページTOPへ

おすすめレシピ

▲ページTOPへ

おすすめアイテム

▲ページTOPへ