【 カブ (アブラナ科) 】 〜 初心者は秋栽培がおすすめ! 〜

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 野菜図鑑
  3. 【 カブ (アブラナ科) 】 〜 初心者は秋栽培がおすすめ! 〜

野菜の栽培に必要な情報がすぐわかる!野菜図鑑

【 カブ 】 〜 初心者は秋栽培がおすすめ! 〜

カブ

カブ

アブラナ科
その他のアブラナ科の野菜
土の中の部分を食べる野菜

特徴

日本には縄文時代後期に伝えられ、古くから栽培されていた野菜のひとつ。
冷涼な気候を好み、寒さにふれることで甘みが増します。
根よりも葉の方が栄養素が高く、根は煮物や漬け物に、葉はお味噌汁に、と丸ごと食べられる健康野菜です。
プランターでの栽培には、間引きしながら小カブから中カブ、大カブまで楽しめる中・大カブ用の品種がオススメ。

育てやすさ育てやすさ 育てやすさ
←簡単 難しい→
温度発芽温度 15〜20℃
株間株間 間引き後10cm前後

▲ページTOPへ

カレンダー

カブの栽培カレンダー

▲ページTOPへ

必要なもの

あると便利

▲ページTOPへ

病害虫

カブで気をつけたいのはアブラムシです。1匹1匹は小さいですが、群生していることが多いです。水で洗い流す、薬剤散布が有効です。発生する前にカバーで覆ってしまえば安心です。

・その他気をつけたい病害虫
アオムシ(葉)、キスジノミハムシ(葉、根)

▲ページTOPへ

カレンダー

・畑の乾湿が急に変わったり、取り遅れたりすると、根が割れやすくなります。灌水を切らさないよう注意し、収穫のタイミングを逃さないようにしましょう。
・間引きしたカブも食べられます。
・白以外に赤い品種のカブもあります。

▲ページTOPへ

栄養分

カブに含まれる栄養素は、ダイコンと非常によく似ています。
根の部分にはデンプンの消化を助けるジアスターゼ、たんぱく質の消化を助けるアミラーゼ、食物繊維などが豊富に含まれて、消化を助ける作用があります。
また、葉にはカロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄分、カリウムなどが豊富です。

▲ページTOPへ

▲ページTOPへ