1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 農家の嫁の事件簿〜ある日のハタケにて〜
  3. vol.06 おっとっと君
vol.06 おっとっと君

稲刈りも終わり、畑の作物も紅葉しはじめ、田んぼも畑もすっからかん。
だからお腹がすいていたのね、多分、きっと。
そこにわずかに残っていた小さな小さな豆畑。
数少ない食料だもの、どうしても行きたかったのよね、多分、絶対。
でもそれが悪いことだってことはちゃんとわかったいたみたい。
あたりをキョロキョロ見渡して、息をころして、身をひそめて。
だけどすっかり見えちゃってましたからね。

困ったやつかもしれないけれど、あまりにも挙動不審で間がぬけていて、怒る気がすっかりさらさらなくなってしまった。
これから彼をみたら、敬愛をこめて、おっとっと君と呼ぶことにしよう。

おっとっと君
稲刈りも終わりました。黄金色の稲の壁。