1. vol.07 サヤエンドウはいい塩梅に

なおみさんのベジタブルガーデニング

vol.07 サヤエンドウはいい塩梅に

  • ツタンカーメンの豆

    そろそろあのお地蔵さんの周りの曼珠沙華が咲き始めたかしら?9月も末になると、ついこの間まで暑かった夏が遠い昔のように、、、と言いたいところですが厳しい残暑が続きますね。
    今年はなんとか秋冬野菜の準備も無事に終わり、そろそろ庭は来春の準備に取りかかります。この季節私の頭に浮かぶのは、春庭に咲き乱れる球根たちと、そしてサヤエンドウの事。
    寒い冬を越えて春の光を浴びたお豆さんたちがぐんぐん伸び出すためには、秋にある程度株を育てておく事が必要です。


    葉っぱ葉っぱ

  • オベリスク仕立て

    昨年は通常の緑色品種ともう一つ紫色のサヤエンドウ栽培にトライ。
    この紫色品種、「ツタンカーメンの豆」という、何とも魅惑的な名前と共に譲ってもらったのが一昨年前。遥か彼方のエジプト、しかも遠い過去の文明時代から人の手を巡り巡って私の元にたどり着いたんだと勝手に想像していたこのお豆、その後「ツタンカーメンの豆」という商品として流通している事を知り、ちょっと拍子抜けしたのを覚えています。
    通常のものよりも少しさやが固い印象のこの品種、我が家の庭ではあくまでも見た目にこだわってバラやクレマチスを這わせるオベリスク仕立てにしてみました。この場合、麻縄でツルが絡み付く為の縦ラインの支柱箇所を増やし補助をするのが、見た目にも素敵なインゲンのオベリスクを作るコツです。結果、ちょっと素敵な菜園風景に一躍かってくれました。

  • 鳥さんのおいしいごちそうにならないような工夫が必要

    お豆全般に言える事ですが、種を蒔いてから発芽し本葉が展開するまでの間、鳥さんのおいしいごちそうにならないような工夫が必要です。
    特に秋から冬にかけては鳥さんたちが庭を訪れるので、注意が必要です。
    鳥さんにみすみす食べられる訳には行かないので、我が家では直接畑に蒔く事はせずに、ポットに蒔いてネットなどをかぶせるなど、ある程度育つまで鳥さん対策をしています。
    本葉が展開してきたら菜園に植え付け、冬も間近になる頃藁をかぶせれば、後は春を待つだけです。
    でも、焦り過ぎは禁物。あまり早く種を蒔きすぎて秋のうちにぐんぐん生長しすぎると、こんどは冬の寒さにやられてしまいますからね。冬を乗り越えられるくらいの大きさまで生長するというのがポイント。秋のうちにいい塩梅まで育てるのが、お豆栽培の肝。さて、今年はどんな風に育てようかな?

BackNumber バックナンバーBackNumber バックナンバー

vol.01 菜園の一年はジャガイモから

vol.01 菜園の一年はジャガイモから

気付けばクロッカスがかわいい花を上げ始め、あちこちにふきの花もぐんぐんと生長し始めました。ああ、もう春になったんだ!

・・・・・続きを読む

vol.02 野菜作りの原動力

vol.02 野菜作りの原動力

気持ちのよい季節になりました!
この時期、私の住む房総の周辺の山では、照葉樹と言われるテラテラした分厚い葉の樹木たちが、いっせいに新芽を吹き始めます。

・・・・・続きを読む

vol.03 大収穫期、その前に・・・プチ収穫にベビーリーフ

vol.03 大収穫期、その前に・・・プチ収穫にベビーリーフ

6月に入る頃になると、庭に植えた野菜たちもぐんぐん成長し、庭もだいぶにぎやかになってきます。トマトやキュウリ、インゲンも花がつき始めました。

・・・・・続きを読む

vol.04 私と虫さんとの関係

vol.04 私と虫さんとの関係

アリを見て悲鳴を上げ、蝶に怯え、芋虫なんてもってのほか、バッタやカマキリを捕まえた男の子たちからは猛ダッシュで逃げる。私はかつてそんな子供でした。

・・・・・続きを読む

vol.05 トマト栽培に潔さは重要!

vol.05 トマト栽培に潔さは重要!

我が家の畑では、インゲン、キュウリに続いて、真っ赤に熟したトマトやナス、ピーマンが収穫期を迎えています。

・・・・・続きを読む

vol.06 いつ切り替えるか、秋冬野菜

vol.06 いつ切り替えるか、秋冬野菜

お盆すぎれば暑さも過ぎ、だいぶ過ごしやすくなってきました。夕方はツクツクボウシの寂しげな鳴き声と、夜になれば大抵真夏とは違った風が吹き、すでに草むらからはバッタやコオロギの大合唱へと虫の主役も様変わりしています。

・・・・・続きを読む

vol.07 サヤエンドウはいい塩梅に

vol.07 サヤエンドウはいい塩梅に

そろそろあのお地蔵さんの周りの曼珠沙華が咲き始めたかしら?9月も末になると、ついこの間まで暑かった夏が遠い昔のように思えます。

・・・・・続きを読む

vol.08 家庭菜園の醍醐味

vol.08 家庭菜園の醍醐味

家庭菜園の醍醐味って何だろうって考えたとき、やっぱり穫れたての美味しさが味わえるという事と、普段見る事のできない野菜の成長過程を楽しめる事、その途中途中で食したりする事が出来るって事かなと思います。

・・・・・続きを読む

vol.09 大豆ボッチとカメムシ

vol.09 大豆ボッチとカメムシ

恥ずかしながら私は野菜を育てるまで、枝豆が大豆になるなんて事は知りませんでした。今や「edamame(エダマメ)」として海外でも人気だそうですが、別の言葉で言えば「green soybean(グリーンソイビーン)」。

・・・・・続きを読む

vol.10 寒い冬のその先に

vol.10 寒い冬のその先に

日に日に寒くなってきました。今年もあとわずか、庭の生け垣のカットも木製フェンスの塗り直し作業も、それから来春に向けての花苗植えも終わりました。

・・・・・続きを読む

vol.11 寒さと乾燥がもたらすもの

vol.11 寒さと乾燥がもたらすもの

肌の乾燥が気になる季節。保湿第一と思いつつもなかなか行き届かないのが現実。私のかわいそうな手は例年のごとくがさつき、先日とうとう親指の爪の先はぱっくり痛々しく割れてしまいました。

・・・・・続きを読む

おすすめコンテンツおすすめコンテンツ

  • 親子でベランダ家庭菜園
  • 家庭菜園初心者の虎の巻・プランター菜園1・2・3