1. vol.04 私と虫さんとの関係

なおみさんのベジタブルガーデニング

vol.04 私と虫さんとの関係

  • vol.04 私と虫さんとの関係

    アリを見て悲鳴を上げ、蝶に怯え、芋虫なんてもってのほか、バッタやカマキリを捕まえた男の子たちからは猛ダッシュで逃げる。私はかつてそんな子供でした。しかし今は、図書館に行っては昆虫図鑑を読みあさり、アリを見ても動じず、コガネムシの幼虫を手に集めて主人を驚かせ、小さな青虫くらいだったら手でもつぶせるくらい強くなりました。
    人間って変わるものです。

    葉っぱ

  • 蛾 虫

    菜園や庭を持つ人にとって、この虫との関係は必ずつきまとうもの。特に今の季節見ない日はありません。すぐそこの茂みからは蛾が飛び出し、隣の公園から渡ってきたであろう巨大な毛虫がひょっこり私の足を這っていたり・・・なんて事も結構あります。基本的に薬剤を使わない私にとって、虫を見つけたらすぐ捕殺がルールになっています。もちろん悪さをする虫に限ってのことですけどね。

    ここ数年菜園と庭と虫たちと向き合って気付いたのは、彼らにもそこにいる理由が必ずあるという事。大抵この季節に卵を産み、こういった場所に付き、そしてこのような行動を取るといったお決まりの行動を繰り返しているのです。だから卵の産みつけ場所や発生の時期を知ってその段階で捕獲できれば、大量の虫にうんざりする事もないし、彼らにとって心地よい葉の密集した通気の悪い環境を提供するのではなく、居心地の悪い風通しの良い環境を作れば、どうにもならない程の虫の発生に悩む事もなくなるのです。虫を知り観察する事は、すなわち菜園や庭を健全に保つヒントになるのです。

  • ミーンミンミン

    でもこれからシーズン、木にしがみついて大音量で鳴きまくり、近くを通る物ならば羽音を立てながら飛んで行く夏の定番のセミだけは、なぜか苦手のまま。特に夏の終わりに予測不可能に飛んではあっちの道に転がる彼らの行動に、毎年怯え続けています。彼らだけは、どう努力しても好きにはなれそうにないけど、菜園に悪さをする訳ではないから、まあいっか。

BackNumber バックナンバーBackNumber バックナンバー

vol.01 菜園の一年はジャガイモから

vol.01 菜園の一年はジャガイモから

気付けばクロッカスがかわいい花を上げ始め、あちこちにふきの花もぐんぐんと生長し始めました。ああ、もう春になったんだ!

・・・・・続きを読む

vol.02 野菜作りの原動力

vol.02 野菜作りの原動力

気持ちのよい季節になりました!
この時期、私の住む房総の周辺の山では、照葉樹と言われるテラテラした分厚い葉の樹木たちが、いっせいに新芽を吹き始めます。

・・・・・続きを読む

vol.03 大収穫期、その前に・・・プチ収穫にベビーリーフ

vol.03 大収穫期、その前に・・・プチ収穫にベビーリーフ

6月に入る頃になると、庭に植えた野菜たちもぐんぐん成長し、庭もだいぶにぎやかになってきます。トマトやキュウリ、インゲンも花がつき始めました。

・・・・・続きを読む

vol.04 私と虫さんとの関係

vol.04 私と虫さんとの関係

アリを見て悲鳴を上げ、蝶に怯え、芋虫なんてもってのほか、バッタやカマキリを捕まえた男の子たちからは猛ダッシュで逃げる。私はかつてそんな子供でした。

・・・・・続きを読む

vol.05 トマト栽培に潔さは重要!

vol.05 トマト栽培に潔さは重要!

我が家の畑では、インゲン、キュウリに続いて、真っ赤に熟したトマトやナス、ピーマンが収穫期を迎えています。

・・・・・続きを読む

vol.06 いつ切り替えるか、秋冬野菜

vol.06 いつ切り替えるか、秋冬野菜

お盆すぎれば暑さも過ぎ、だいぶ過ごしやすくなってきました。夕方はツクツクボウシの寂しげな鳴き声と、夜になれば大抵真夏とは違った風が吹き、すでに草むらからはバッタやコオロギの大合唱へと虫の主役も様変わりしています。

・・・・・続きを読む

vol.07 サヤエンドウはいい塩梅に

vol.07 サヤエンドウはいい塩梅に

そろそろあのお地蔵さんの周りの曼珠沙華が咲き始めたかしら?9月も末になると、ついこの間まで暑かった夏が遠い昔のように思えます。

・・・・・続きを読む

vol.08 家庭菜園の醍醐味

vol.08 家庭菜園の醍醐味

家庭菜園の醍醐味って何だろうって考えたとき、やっぱり穫れたての美味しさが味わえるという事と、普段見る事のできない野菜の成長過程を楽しめる事、その途中途中で食したりする事が出来るって事かなと思います。

・・・・・続きを読む

vol.09 大豆ボッチとカメムシ

vol.09 大豆ボッチとカメムシ

恥ずかしながら私は野菜を育てるまで、枝豆が大豆になるなんて事は知りませんでした。今や「edamame(エダマメ)」として海外でも人気だそうですが、別の言葉で言えば「green soybean(グリーンソイビーン)」。

・・・・・続きを読む

vol.10 寒い冬のその先に

vol.10 寒い冬のその先に

日に日に寒くなってきました。今年もあとわずか、庭の生け垣のカットも木製フェンスの塗り直し作業も、それから来春に向けての花苗植えも終わりました。

・・・・・続きを読む

vol.11 寒さと乾燥がもたらすもの

vol.11 寒さと乾燥がもたらすもの

肌の乾燥が気になる季節。保湿第一と思いつつもなかなか行き届かないのが現実。私のかわいそうな手は例年のごとくがさつき、先日とうとう親指の爪の先はぱっくり痛々しく割れてしまいました。

・・・・・続きを読む

おすすめコンテンツおすすめコンテンツ

  • 親子でベランダ家庭菜園
  • 家庭菜園初心者の虎の巻・プランター菜園1・2・3