1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. keiさんの菜園レポート
  3. 第13回:急に秋模様です。
v
keiさんの菜園レポート

第13回:急に秋模様です。



東京はなんだか急に寒くなってきました。
一時期の暑さも忘れるような朝晩の冷え込みに、慌てて衣替えをした私です。
この間植え付けた冬野菜達はうまく根付いてくれたようですよ。

今週のkeiの菜園

畑はすっかり秋模様です。
プランターのほうも少しずつ野菜たちで賑わってきました。
でもまだピーマン類が元気でなかなか植え付けきれない苗も沢山あるんです。



ミニ青梗菜
前回報告した、初期段階で虫の被害にあったミニ青梗菜です。
新しい葉が沢山出てきて復活です!よかったあ。
もうすぐ収穫できそうです。
水菜
カブ
水菜と小カブもどうにか生き残っています。
どちらも少しですが、頑張っています。
このまま収穫まで持っていきたいところです。


人参・ごぼう
ごぼうは本葉が出てきてゆっくりと生長してきました。
今の所虫の被害はないようです。
アブラムシがつくという事なのでこまめにチェックしなくっちゃ。
人参です。少しずつ間引いています。
たまに見ると虫がついていたりするのですが、今の所いい感じです。
もう1回ぐらい間引きをしていくつもりです。
水菜
キャベツ
定植したばかりのキャベツです。タケノコ型のキャベツらしいです。
実はキャベツは今年初めての栽培です
ちょっと楽しみ。
そしてこちらは畑の様子です。
株間が狭いように見えるでしょ?
でもこれは全部ミニ野菜達なんですよ。
ミニカリフラワー、半結球レタス、ミニ白菜、タケノコ型キャベツです。
ミニな野菜って使いやすいですよね。
場所が少ない人にも扱いやすいです。
今の所順調な様子。でも青虫つき始めましたよ〜。
ミニ野菜達

虫を完全にシャットアウト!
という事で早速カバーしました。
それでも毎日チェックは欠かせないんですよ。
虫を完全にシャットアウトできた訳ではないですもんね。
これからは毎日虫との闘いです…。
そして最後にフルーツパプリカです。
パプリカは色づくまで長く実をつけているのですが、夏は日差しがきつ過ぎてよく日焼けをしてしまっていました。
でもこの時期はフルーツパプリカはとても育てやすいです。
ゆっくり色づいて週に3〜4個ペース(2株)で収穫できます。
フルーツパプリカ


柔らかくて美味しかった秋なすも終わってしまって、
プランターや畑に残る夏野菜はピーマンとパプリカだけになりました。
我が家の庭はすっかり秋模様。
野菜の収穫は今ちょうど一休みですが、私たちは食欲の秋ですね〜。
今年の秋は何食べよう?うーん、そちらも楽しみです♪



≪前へ keiさんの菜園レポート 次へ≫