1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. ちびたさんの菜園レポート
  3. 第5回:トマト植え付け。イッテみよ〜!
ちびたさんの菜園レポート

第5回:トマト植え付け。イッテみよ〜!


Page. 1/2


さてさて予定より遅れてしまった苗の植え付けです。
今回はわたしのトマト定植の仕方とアブラムシ防除の方法を紹介しますね。
ちょっと文字が多くて退屈かも・・・ (´・ω・‘)



大玉トマトの中で成長が早かった「ブランデーワイン」コレは大玉トマトの中で成長が早かった「ブランデーワイン」です。

まだ花は咲いてませんけど、蕾の向きもはっきり分かって定植適期です。
トマトは花の咲いた側に実が付きます。

わたしは「寝かせ植え」するのでヒョロリとした苗になるように育苗します。

こんな風に土を横長に掘って苗を寝かせて植えます。ビニールマルチなので分かりにくいんですけど、こんな風に土を横長に掘って苗を寝かせて植えます。

土に埋まる部分の葉は取ってしまいます。

トマトは肥料や水分の吸収力が強いんです。元々乾燥した地域が出身だからでしょうね。

寝かせて植える事によって、ゆっくり活着して花付きが良くなると言われています。勢いのある元気な若者苗だと、どんどん葉っぱが増えて花への日当りも悪くなるからでしょう。他にも土に埋まった茎の部分からも根が生えるので、強風にも強い樹になるという利点があります。

ヒョロリとした年寄り苗で少し回り道してもらう訳です。トマトのスローライフってところでしょうか。^^;



素焼きの大鉢に植えた「マッツ・ワイルドチェリー」というミニトマト

これは畑のトマトよりだいぶ遅れた定植ですが、素焼きの大鉢に植えた「マッツ・ワイルドチェリー」というミニトマトです。 斜めに寝かせて植えています。

断面イラスト写真では解りにくいと思いますので断面をイラストにしてみました。 デフォルメしてますが、こんな感じに植え付けました。

2種類のバジルと混植

晴れた日がほとんど無かったですが3日でしっかり上を向きました♪ 2種類のバジルと混植してます。


次のページへ≫



≪前へ ちびたさんの菜園レポート