1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. ちびたさんの菜園レポート
  3. 第4回:張り切りGW!(パート2)
ちびたさんの菜園レポート

第4回:張り切りGW!(パート2)



少しグズついていたお天気でしたが、まずまずのお日和だったGW後半です。皆さまはどこかにお出かけしましたか?
わたしはと言うと、庭や畑で連日土いじりの毎日でした〜♪


畑では耕運や畝立てなどの体力仕事に精を出しました。
予定ではもうとっくに終わってるハズの作業なのにオカシイですね〜。
まぁ、こういう事は多々あるもんです。(笑



アスパラガスが収穫できました!やっとアスパラガスがまとまって収穫出来ました!嬉しいです(*^∀^*)

さっそく夕ご飯でサラダに入れて食べました。緑眩しく、とってもジューシーで甘い!


トマトの雨よけの骨組みトマトの雨よけの骨組みを立てました。わたしは背が小さいのでこんなモノでも結構大変です。

まだセットしてないパイプもあるし、ビニールも掛けなくてはいけません。
梅雨前には終わらせなくては・・・・。


普通のタマネギよりちょっとお先に「ホームタマネギ」の収穫です。
サイズを比較するために、携帯電話(カエルのシール付き)を並べてみました。


球根サイズのタマネギ

コレは球根サイズのタマネギを植え付けて栽培します。
本来は夏の終わりに植え付けえ、12月〜2月頃に収穫する種類なんですが、なかなか上手くはいかないです。

でも、小さくても(そんなに大きくなるモノではないのですが)やっぱり自分で作った新タマネギが食べられるのはイイものですね。^^

「小さいタマネギ」−それはそれで結構便利だとわたしは思ってます。ちょっとだけ使う時に、丁度使い切れて気持ちがイイです。

本当に小さいのは丸でシチューに入れてしまいます。市販のペコロス(直径3〜4cmの小タマネギ)はサイズの割りに高いのでちょっとだけお得気分。v(^ー^)



鉢栽培してる茎ブロッコリー「スティックセニョール」です。
茎ブロッコリー「スティックセニョール」の定植時と2週間後
定植後約2週間で何倍も大きくなって頼もしい限りです。
かなり大きくなるまで不織布で保護していたので、アオムシもいなくて綺麗な状態です。
普通のブロッコリーより暑さに強いらしく、春蒔きも可能な便利クンです。


トウモロコシの種を蒔きました。
ものすごく甘い品種「味来390」 ものすごく甘い品種「味来390」です。去年の種ですが・・・。

強甘味のトウモロコシは発芽率が低いので、古種という事も考えて少し多めに蒔いてみました。

少し小さめのトウモロコシですが、わたしはコレが一番好きです!
何故か「味来」は早蒔きすると、保温してても発芽率が物凄く落ちます。
去年からは早蒔きするのは止めて、5月に入ってから蒔くようにしています。
その方が発芽率が良くて、その後の育ちも良いみたいです。
品種によってちょっとした個性があるのが面白いトコロですね。


さてさて次回でやっとトマトなどの定植の様子をお伝えできます。
ほんとにもう予定は未定な人間ですいませ〜ん。^^;
まだ収穫もチョボチョボしか無いし、色鮮やかな写真がお見せできなくて寂しいですね。
あとちょっと。もう少し待ってて下さいね!



≪前へ ちびたさんの菜園レポート