野菜ソムリエ立原さんへのQ&A

Q1

野菜ソムリエとは、どういう資格ですか?またこの資格を取って、どんな活動をされているのですか?

A1

野菜ソムリエとは、野菜と果物の美味しさや楽しさ、そして、その魅力を伝えることが出来るスペシャリストです。

種類のこと、旬、産地、栄養価、調理のノウハウなど、野菜や果物に関するあらゆる知識を身につけ、食にかかわるあらゆる分野で活躍している方が多くいらっしゃいます。

正式名称は「ベジタブル&フルーツマイスター」といい、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が認定する民間資格で、現在約2万人の方が取得していらっしゃいます。

三段階の階級にわかれていて、

  • シニアベジタブル&フルーツマイスター
  • ベジタブル&フルーツマイスター
  • ジュニアベジタブル&フルーツマイスター
により構成されています。

Q2

野菜ソムリエの資格を取得しようと思ったきっかけは何ですか?

A2

この資格を知ったのは、娘が5か月の頃。

ある女性タレントの方がテレビで「野菜ソムリエ」のことを話していました。

ちょうど離乳食を始めようとしていた時期でもあり、興味を持ったのですが、最初は私自身よりも、主人の方が強く興味を示して私の背中をおしてくれました。

最初は、“家族の健康の為に無駄にはならない資格”と、かるい気持ちでスタートしました。

勉強をすすめていくにしたがって、いつの間にか「野菜」と「果物」の魅力にすっかりはまり、どんどん楽しくなっていきました。

資格をとろうと思った当初は、ただの趣味の為の資格程度にしか考えていなかったのですが、真剣に取り組んでいくうちに、「野菜ソムリエ」としてのお仕事依頼を受けるようになり自分自身も驚いています。

Q3

野菜ソムリエの資格を取得して、良かったことは何ですか?

A3

日常の中にある“食べる”野菜と果物という当たり前なこと。

食べることが当たり前ではなく、工夫や心がけ次第で何倍にも楽しめるということを感じられるようになりました。

お仕事でレシピを考える機会も増えてくると、いつものお料理づくりも一段と楽しめるようになり日々の生活にもメリハリがつくようになりました。

子ども達と一緒にお料理を楽しむだけではなく、一緒に野菜の種をまいて育てたり、お買いものに出かけたり、畑で収穫体験をしたり。

いろいろな経験をすることにより、子ども達の成長を発見することもあります。

また、私自身が子ども達から教わることもたくさんあり、日々の生活を楽しんでいます。

ウィンドウを閉じる