今年ウドンコ病にかかったイチゴは、来年栽培できるの・・・

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 野菜作りQ&A教えて菜園先生!
  3. 今年ウドンコ病にかかったイチゴは、来年栽培できるの・・・

野菜作りQ&A教えて菜園先生!

今年ウドンコ病にかかったイチゴは、来年栽培できるのでしょうか?

質問
去年イチゴの苗を購入して、ベランダのプランターで育てましたが、今年の梅雨の時期にウドンコ病にかかり、粉を噴いた状態になりました。
プランターに植えたままにしていたら、今は、緑色の葉が普通に生えています。
このまま、畑に植え替えれば、来年実が付くのでしょうか?それともウドンコ病は治ったわけではないのでしょうか?
(長野県 2008/7/31)
お答え
ウドンコ病は、ナスやキュウリ、ご質問のイチゴなどの野菜類だけでなく、植物全般に幅広く罹病する病気です。
対処法は、風通しをできるだけ良くすること、日当たりを良くすること等がありますが、安全といわれている「カリグリーン」をおすすめします。成分は、炭酸水素カリウムです。

また、一度ウドンコ病になった株から取れた苗を栽培できるかということですが、経験上は大丈夫だと思います。
ただし、上記の管理法でウドンコ病を予防したり、対処することが大切です。

イチゴはご承知のように、毎年ランナー(子株)で増やすことが知られております。
ウイルス病にやられていない限り、3年ほどは自家採取で苗取りが可能です。自分で増やした苗で、次年度の春、イチゴの実が収穫できることは感激ものです。

ただし、ご質問のように親株をそのまま植えても良いのですが、実が小さくなる傾向があります。
苗を取り、その苗を植え、畑でいっぱいの実を収穫してください。
お答えしたのは…藤田先生です。

▲ページTOPへ

野菜作りQ&A教えて菜園先生!TOPに戻る