イチゴを来年またたくさん収穫するには、収穫後の株を・・・

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 野菜作りQ&A教えて菜園先生!
  3. イチゴを来年またたくさん収穫するには、収穫後の株を・・・

野菜作りQ&A教えて菜園先生!

イチゴを来年またたくさん収穫するには、収穫後の株をどうすればいいですか?

質問
収穫が終わったあとの、ツルが伸びたイチゴの苗ですが、来年また沢山収穫できるようにするには、どのようにお手入れすればいいですか?
詳しく教えて下さい。
(北海道 2008/7/11)
お答え
イチゴの収穫を終える頃から、「ランナー」と呼ばれる子株が盛んに伸びてきます。「ツル」と表現されておられますが、この「ランナー」のことですね。
これらは次年度の重要な苗となりますから大切に育苗しましょう。

一般的には、9cm程度のポリポットに培養土を入れ、伸びてきたランナーの子株をポットに受け、ランナーを針金などで傷めないように押さえ、根付くまで水やりをします。
2週間ほどで、苗を引っ張っても抜けなくなり、ポットの下から根が出始めれば、ランナーをはさみで切り苗を独立させます。1株から20〜30株の子株ができるので、頑張ってください。

なお、ランナーから1番最初に出る子株が「太郎苗」、2番目が「次郎苗」、以下「三郎苗」…と呼んでいますが、次郎苗以降を次年度使用することが理想的です。しかし家庭菜園では、苗が少なければ太郎苗も使用します。
しばらく育苗し、各地の植え付け適期に定植します。
お答えしたのは…藤田先生です。

▲ページTOPへ

野菜作りQ&A教えて菜園先生!TOPに戻る