プランターで使用した土のリサイクル方法を教えてくだ・・・

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 野菜作りQ&A教えて菜園先生!
  3. プランターで使用した土のリサイクル方法を教えてくだ・・・

野菜作りQ&A教えて菜園先生!

プランターで使用した土のリサイクル方法を教えてください。

質問
プランターで使用した土のリサイクル方法を教えてください。
(青森県 2007/9/6)
お答え
栽培が一作終わったら、次の栽培に向けて、古土の再生をするのが理想的ですね。
野菜の収穫が終わったら、まず完全に残渣を取り除きましょう。根などが残っていると、保水性・排水性が悪くなります。ふるいにかけて、鉢底の石や細かい根も取り除いてください。

続いて、前の栽培で失われた養分の補給と、土の物理性(保水性、排水性など)の改良を行いましょう。
そのためには、アイリスオーヤマのゴールデン粒状培養土シリーズの土の再生材がおすすめです。
古土に1割ほど混ぜ込んで使用し、1袋(20L)で約130Lの古土を再生することができます。

なお、土壌改良として、苦土石灰を標準プランター(650サイズ)あたり20g混ぜ、苦土(マグネシウム)と酸度(pH)の適正化に努めるのも良いでしょう。マグネシウムは、肥料として、土に必要な成分の一つです。
養分の補給とは別に、消毒のために、熱処理するのも良いでしょう。
晴天が続く日を選んで、黒い袋に水分をたっぷり含ませた土を入れ、太陽の下に10日ほど置いて、蒸らします。
ただ、これは土が60〜70度くらいまで高温になることが理想なので、夏場にやる方がより効果的です。もし土が豊富にあるのでしたら、次の野菜の栽培には新しい用土を使用し、来年の夏を待って、古土の再生を行うことをおすすめします。

古土の利用で大事なことは、やはり次回の栽培で連作障害を引き起こさないよう、再生した土を、障害を起こしやすい科の野菜に使用しないことです。養分は補っても、連作障害のために十分な野菜作りが阻まれてしまいかねません。
連作障害を起こしやすい野菜(特にナス科のナスやトマトなど)には、理想としては4〜5年休ませた方が良いです。

▲ページTOPへ

野菜作りQ&A教えて菜園先生!TOPに戻る