収穫後の畑の管理、残渣の始末、雑草対策を教えてくだ・・・

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 野菜作りQ&A教えて菜園先生!
  3. 収穫後の畑の管理、残渣の始末、雑草対策を教えてくだ・・・

野菜作りQ&A教えて菜園先生!

収穫後の畑の管理、残渣の始末、雑草対策を教えてください

質問
寒冷地の山で家庭菜園を作っています。
収穫後、秋の畑の始末ですが、枯草や豆、トウモロコシ等の残渣をそのまま畑にすき込んでおいてよいのでしょうか?

近所の畑の方は、雑草を刈り次第、畝に敷いて置いて翌春、起耕時に一緒にすき込んでいます。
寒冷地なので冬期間に堆肥になっているのか疑問です。又、雪が降る前に、もみ殻や糠を畑にまいています。
豆の茎やトウモロコシの皮は分解し易いのですき込んでも良い、とかきいていますがそれでよいのでしょうか?

ちなみに私は、よもぎが畑に増え、茎の切れ端からも芽を出し増えて苦労した経験から、
雑草でも根が太いものや種が出来るものは、根から抜いて捨てています。
山の中なのですすきなど、放っておくと大変なので。

収穫後の畑の管理、雑草への取組方、残渣の始末について教えて下さい。

(青森県)
お答え
トウモロコシはとても肥料食いの植物です。収穫後吸い上げた養分は、茎や葉に残っているので捨てたりはしません。
畝に穴をあけて埋めるか、小さく刻んで土にそのまま漉き込みます。
ふかふかの土にしてくれます。無駄のない野菜で、余分な肥料分を吸い取り、センチュウを追い出したりしてくれます。
通常は土壌改良には、堆肥や腐葉土などを入れますが、
堆肥の代わりにクローバー、レンゲ、エンバクなどの緑肥作物を作り刈り込んだ後、細かく刻んで土に漉き込むといいでしょう。
漉き込んだ後、夏場は1か月、冬場は3か月ぐらい置いておくことが必要です。
もみ殻やぬかを入れた時もしばらく置いたほうがいいでしょう。
雑草は種ができる前に除草をすることが大切です。ススキは種が飛ぶので、増やしたくない時は除いたほうがいいでしょう。
(2014/6/13)
お答えしたのは…中道先生です。

▲ページTOPへ

野菜作りQ&A教えて菜園先生!TOPに戻る