畑の土をPH測定器で調べたところPH 6.7〜6.・・・

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 野菜作りQ&A教えて菜園先生!
  3. 畑の土をPH測定器で調べたところPH 6.7〜6.・・・

野菜作りQ&A教えて菜園先生!

畑の土をPH測定器で調べたところPH 6.7〜6.8でした。この土にトマトなどの夏野菜を5月頃植えたいと思いますが、この時苦土石灰を散布する必要がありますか。

質問
畑の土をPH測定器で調べたところPH 6.7〜6.8でした。この土にトマトなどの夏野菜を5月頃植えたいと思いますが、この時苦土石灰を散布する必要がありますか。
ここは前任者が木材を焼却していたため、灰や炭、釘などが混じっております。ご指導の程よろしくお願いします。
東京都
お答え
畑の土のpHは植物が生育するのにとても良い状態です。土の酸度を調整する必要はありません。牛ふん堆肥を施して栽培してください。木材の灰や炭は肥料分や土の改良材として有益です。
根の成長の妨げにならないように炭は細かく砕き、釘などのゴミはふるいにかけて取り除いてください。

またトマトはカルシウム欠乏による生理障害をおこすことがあります。これは『尻腐れ病』と呼ばれ、果実の花落ち部分が黒く変色し、果実が大きくなるにつれて変色部がへこんでしまうことをいいます。
土壌中のカルシウム不足、酸性土壌、乾燥、チッソ過多などにより、カルシウムの吸収が阻害されることが原因です。植え付け前に元肥として、カルシウムを多く含む肥料を施したり、発症する前の予防として、カルシウム補給剤を葉に散布してください。


<おすすめ商品>
■【手を汚さない・撒きやすい】粒状タイプ 牛フン堆肥



■トマトの液体肥料480ml

必要な成分をバランス良く配合しているので、花着きが良くなり、果実の肥大に役立ちます。

■カルシウム補給320ml

カルシウム不足によるトマトの尻腐れやレタス・イチゴの葉枯れを防ぎます。


<おすすめコンテンツ>
■野菜図鑑 トマト

■野菜作りQ&A教えて菜園先生!トマトについて

■手作り畑で手作り野菜!『土壌の酸度を測ろう! 』

■野菜の病害虫対策!尻腐れ病について

お答えしたのは…Dr.義明です。

▲ページTOPへ

野菜作りQ&A教えて菜園先生!TOPに戻る