木原先生の「おいしい寄せ植え講座」

アイリスガーデニングドットコム
  1. #07 ラディッシュとレタスの時間差収穫

木原先生の「おいしい寄せ植え講座」

夏に始める寄せ植え

#07 ラディッシュとレタスの時間差収穫

木原先生の「おいしい寄せ植え講座」

リーフレタスの花輪仕立て

ラディッシュとレタスのタネを同時に播くと、レタスよりラディッシュの生長が早いので競合しないで育ちます。
ラディシュを収穫したあと、レタスはのびのびと葉を広げ、ぐんぐん育ちます。

組み合わせた植物

木原先生の「おいしい寄せ植え講座」

【植付けプラン】
※上から見た配置

  • 木原先生の「おいしい寄せ植え講座」
  • 木原先生の「おいしい寄せ植え講座」
  • ≪バスケット型プランター≫
  • ラディッシュ タネ直播き → 適宜、間引き後12株に
  • 半結球性ミニレタス タネ直播き → 適宜、間引き後6株に
  • ≪楕円形プランター≫
  • ラディッシュ タネ直播き → 適宜、間引き後10株に
  • 半結球性ミニレタス タネ直播き → 適宜、間引き後5株に

ラディッシュは、赤くて丸い品種だけではありません。長卵型やダイコン型、真っ白いものや紅白の染め分けなど多種多様です。いろいろなタイプのラディシュを楽しむのも面白いものです。パセリと混植してもよいでしょう。

プランター&鉢サイズの目安

木原先生の「おいしい寄せ植え講座」

左奥のバスケット柄のものは、テラコッタ製の長方形プランター(幅33×奥行17×高さ14cm)です。
右手前はテラコッタ製の楕円形プランター(幅33×奥行16×高さ13.5cm)です。

組み合わせのポイント

  • ラディッシュとレタス(栽培例は半結球性のミニレタス「マノア」)のタネを同時に播くと、ラディッシュは30日前後で収穫期を迎えますが、レタスは生長が遅いので、ラディッシュの収穫後が本格的な出番になります。
  • 「マノア」は半結球性でこぶし大になるミニレタスです。タネ播き後50〜60日で収穫できるので、ラディッシュと寄せ植えすると同じプランターで2度収穫が楽しめます。
木原先生の「おいしい寄せ植え講座」

鑑賞のポイント

  • 地面から頭を出した真っ赤なラディッシュが朝陽に輝く様子は、育てているものだけが知る喜びです。
  • レタスの葉の明るい緑とラディッシュの葉の暗い緑の葉陰から、鮮紅色がちらちら見えるので花がなくても寂しくありません。
木原先生の「おいしい寄せ植え講座」

育て方

  • ◆植えつけ時期:
    ミニレタス「マノア」 … 3月〜5月、8月〜10月
    ラディッシュ … 5月、8月〜10月
  • ◆収穫時期:
    ミニレタス「マノア」 … 5月〜7月、10月〜12月
    ラディッシュ … 6〜7月、9月〜12月
  • ラディッシュは、日本語では「二十日ダイコン」といいますから20日で収穫できるような印象ですが、実際にはひと月ほどかかります。
  • ラディッシュの葉にはビタミンが豊富に含まれています。モサモサして舌ざわりはあまりよくありませんが、間引いた苗はレタスとともに料理に使って食べましょう。

esssay

間引くということ

コンパニオン・プランツって?

タネまきをすれば間引き作業はつきものですが、同じいのちを容赦なく選別するのは心の痛む作業です。選ばれなかった側に自分自身を重ねてしまって、つい指先が止まります。
もとより芽生えたものすべてを生かすことはできませんが、ゴミとして捨てるに忍びず、私は味噌汁の実や炒めものに入れることにしています。
間引く時は、大き過ぎず、小さ過ぎず、強過ぎず、弱過ぎず、平均的なものを残します。見た目の立派なものを残しがちですが、中サイズのものを残した方が勝ち組・負け組がなく全体が揃います。

バックナンバー