上岡先生の「プランター菜園のコツ」

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 上岡先生の「プランター菜園のコツ」
  3. 第11回 ミズナの栽培のコツ

第11回 ミズナの栽培のコツ

ミズナは「京菜」とも呼ばれ、京野菜として有名です。シャキシャキとした歯ごたえと栄養豊富で美肌効果があることなどから、最近人気が高まっています。サラダ、煮物、漬物、そしてこれからの季節には特に鍋物に大活躍する野菜です。白肌美形で早生種の「京みぞれ」、大株に育つ「白茎千筋京水菜」がおすすめです。8月以降の栽培が大変つくりやすので、ぜひ作っていただきたいと思います。

プランターで大変栽培しやすく、立派なものが収穫できます。8〜9月まきがおすすめです。

種まき
7月上旬〜10月上旬

・プランターまたは育苗容器にタネをまきます。
・双葉の時に2cm間隔に間引きます。
・直まきの場合は本葉1枚の時に最終株間を3〜4cmに間引きます。移植する場合は2cm間隔のまま本葉5〜6枚まで育てます。

ポイント
  • 生育適温は20℃前後なので、8月末〜9月上旬ごろの種まきがおすすめです。
ミズナのコツ1 種まき

プランターは標準的な65cmプランターで充分です。大きすぎる場合は、レリーフプランター550(55cm)を使ってください。 土は市販の標準的なものや、再生材などで改良した古い土で十分です。

<プランターサイズと植え方>※株間20cmの場合
  • ミズナはアブラナ科野菜なので、コナガ、アブラムシなどの害虫が多いので、7月から9月頃までは寒冷紗を隙間のないように掛けましょう。 害虫の産卵防止のため、種まき後すぐに行うこと。

  • 高さのある棒をプランターの際に差し込み、その上から寒冷紗を被せても良い。

追肥
7月下旬〜12月上旬

ミズナのコツ2 肥料と水やり

【肥料】

肥料は定植時に元肥を、その後追肥を20日ごとに2回、両端と条間に上岡式条溝施肥します。 葉色が薄い時は、1000倍の液肥を4〜5日に1回与えます。

<プランターサイズと肥料の量>

【水やり】
ミズナはその名の通り水をたくさん吸収するため、湿り気のある排水性の良い土を好みます。乾かさぬよう毎日十分に水やりしましょう。

定植

  • ・本葉が5〜6枚になったら定植します。 写真は、標準プランターに株間5cm、片側12本の2条植えにしたところ。

収穫
8月下旬〜1月

草丈が25〜30cm程度になったら、1株ずつ収穫します。

ポイント
  • 株元の枯れた葉は取り除き、株を清潔に保ちます。 枯れた葉をそのままにしておくと、エチレンガスが発生し、近くの葉を枯らす原因になります。
ミズナのコツ3 収穫

草丈が25〜30cm程度になったら、収穫時期です。 大株に育てたい場合は、間引き収穫しながら栽培していきます。 耐寒性が強いので、1〜3月でも収穫ができます。冬どりは甘みがある上、霜にあたると柔らかくなりおいしく食べられます。

  • 小株どり
  • 大株どり

バックナンバー

  • 虎の巻123
  • 夏野菜の人気者トマト・ナス・キュウリを作ろう♪
  • 手作り畑で手作り野菜!