上岡先生の「プランター菜園のコツ」

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 上岡先生の「プランター菜園のコツ」
  3. 第10回 シュンギクの栽培のコツ

第10回 シュンギクの栽培のコツ

シュンギクは香りのよいハーブ野菜です。鍋物はもちろん、おひたし、天ぷら、和え物など色々な料理に使えます。 病害虫に強く、無農薬でも栽培は可能です。品種は寒さに強く生育旺盛な「菊次郎」「きわめ中葉」「中葉新菊」「大葉新菊」などがオススメです。

プランターで栽培すれば秋から翌年の春まで摘み取りながら収穫できます。

種まき
春作:3月上旬〜5月上旬 / 秋作:8月下旬〜9月

プランターまたは育苗容器にタネをまきます。

ポイント
  • 秋と春の気候を好みます。 日が長く暑い7月〜8月上旬にタネをまくと生育が悪くトウ立ちしやすいので、この時期は避けてタネまきしましょう。
シュンギクのコツ1 種まき

プランターは土の深さが14cm以上あれば大丈夫です。 土は市販の標準的なものや、再生材などで改良した古い土で十分です。

<プランターサイズと植え方>※株間20cmの場合

春作は直まきで栽培します。秋作は直まき・育苗ともによく育ちます。

  • 条まき
  • バラまき

プランターに条間10〜12cmで条まき、または鉢にバラまきでタネをまきます。 タネが見えない程度に薄く土をかけます。 発芽してきたら、込み合ったところから間引きし、本葉4〜5枚で株間が10cm前後になるようにします。

<育苗>

  • タネまき後14日目

    ≪レリーフプランター650≫ほどの大きさのプランターに2条にタネをまきます。 最終的に株間3cmになるよう間引きし、本葉4枚まで育てます。

  • 本葉4〜5枚で定植です。根を切らないように掘り起こしたら、すぐに株間10cmに定植し、灌水します。定植後3〜4日は新聞紙などで日よけをすると、株の傷みが少なくてすみます。

追肥
春作:3月下旬〜5月下旬 / 秋作:9月〜11月・2月〜4月上旬

肥料を条溝施肥します。

シュンギクのコツ2 肥料と水やり

株を大きく育て、瑞々しい葉を収穫するために、肥料を常に効かせ、十分な水を与えて育てます。

<春作の場合>
タネまき前に元肥を施し、その後は20日おきに3回追肥します

<秋作の場合>
直まき・・・タネまき前に元肥を施し、その後は20日おきに4回追肥します。さらに2月からは20日おきに3回追肥します。
育苗・・・定植後に条溝施肥で元肥を施し、追肥は20日おきに3回です。さらに2月からは20日おきに3回追肥します。  生育状況が良くない時は5日に1回、液肥を施します。

収穫
春作:5月下旬〜7月 / 秋作:10月〜4月

直まきなら、タネまき後40〜50日で収穫できます。(育苗の場合は約10日遅れです。)大きくなったものから順に収穫します。株元に葉を7〜8枚残して摘み取ると、すぐにわき芽が伸びて次々と収穫できます。

ポイント
  • 株元の枯れた葉は取り除き、株を清潔に保ちます。 枯れた葉をそのままにしておくと、エチレンガスが発生し、近くの葉を枯らす原因になります。
シュンギクのコツ3 冬の管理

真冬はビニールトンネルで防寒し、生育を促進させます。 (無霜地帯の暖地ならば、トンネルは必要ありません。)

<ビニールトンネルのかけ方>

  • 1.ホットキャップの骨組みかトンネル用の針金をプランターの底まで差し込む。

  • 2.ビニールフィルムを被せ、裾を洗濯バサミで固定する。

  • (写真は1月下旬の様子)

    トンネル内が蒸れるようなら、日中は片側の裾を2〜3cm上げて換気してください。気温が低い11月末のタネまきでも、ビニールトンネルをすれば、このようにちゃんと発芽し、大きく生長します。

こちらも参考に!→菜園道具あれこれ 第6回「被覆資材」

バックナンバー

  • 虎の巻123
  • 夏野菜の人気者トマト・ナス・キュウリを作ろう♪
  • 手作り畑で手作り野菜!