上岡先生の「プランター菜園のコツ」

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 上岡先生の「プランター菜園のコツ」
  3. 第9回 葉ネギの栽培のコツ

第9回 葉ネギの栽培のコツ

関西地方で特に好まれる「葉ネギ」はカロテンやビタミンCを多く含み、緑黄色野菜に分類される健康野菜です。旺盛に分けつする「九条太葱」や「浅黄系九条葱」がオススメの品種です。小ネギとして利用するなら、夏の暑さに強い「小夏」や秋から春どりの「小春」がよいでしょう。今回は中サイズの「中ネギ」の育て方を中心に葉ネギの栽培法をご紹介します。

毎日の食事に欠かせないネギがいつでも、ほしい分だけ収穫できるので、とても便利です!

種まき
6月(定植8月)

プランターに条まきし、発芽したら株間2〜3cmほどに間引きます。

  • 本葉が4〜5枚まで育ったら、株間13cmに定植します。

ポイント
  • 3〜5月にタネまきして(3月中はビニールトンネルで保温)夏までは小ネギとして利用し、夏に間引いて中ネギ用の苗にすることもできます。
葉ネギのコツ1 種まき

プランターは<レリーフプランター650>程度の大きさがあれば、十分育ちます。大株を育てたいときは大きなプランターを使うか、株間を広くして栽培してください。 土は標準のもので大丈夫です。古い土を使う場合は適切な酸度にするため、苦土石灰を加えます。加える量は<レリーフプランター650>で20gほどです。土全体によく混ぜてください。

<プランターサイズと植え方>

追肥
7月〜11月、3月

緩効性肥料を20日おきに条溝施肥します。また、週2回液肥を与え育成を促進します。

葉ネギのコツ2 肥料と水やり

摘み取りながら収穫している株を長持ちさせるために、肥料を常に効かせ、水を欠かさないようよう心がけましょう。 病気はあまり出ませんが、薄黒いカビが生える「べと病」や斑点状に黒いカビが生える「黒斑病」が出たときは、早めに病気の葉を切り取って、捨ててください。

収穫
10月下旬〜4月上旬

定植後、60〜70日後から収穫できます。 生長点から2枚の葉を残し下葉から摘み取り収穫する方法と、地際から刈り取って収穫する方法があります。

ポイント
  • 3〜5月にタネまきして中ネギサイズまで育てた株を根ごと掘り上げて「干しネギ苗」とし、さらに大株に育てることも可能です。
葉ネギのコツ3 冬の管理
  • 寒さには強いものの、冬は生育が鈍くなります。真冬も柔らかい葉を収穫したい場合は、11月下旬以降ビニールトンネルをかけて生長を促進するとよいでしょう。
    トンネル内が蒸れるようなら、片側の裾を2〜3cm上げて換気してください。

葉ネギのコツ4 干しネギ栽培
  • 「干しネギ苗」とは、根から掘り上げたネギをカラカラになるまで干したものです。 干すことで発根がよくなり、大株に育つという利点があります。

    苗は園芸店などで購入するか、春にタネまきして中ネギにまで育った株や前年から栽培している古株を使いましょう。 中ネギや古株を使う場合は、6月下旬から7月上旬に掘り上げ、束ねて軒下など日陰に吊るし、約1ヶ月間干しておきます。

  • 干しネギ苗は植える直前に左の図のように切り整えます。

  • 8月上旬から9月上旬に株間6cmで1株ずつ植えます。

  • 本葉が5〜6枚、草丈60cmほどに生長したら、地際から刈り取り収穫します。

  • 九条ネギは再生力が旺盛な野菜です。地際から切り取っても、左の写真のように、すぐに新しい葉が伸びてきます。

タネまきの翌春にはトウが立ってきます。ネギボウズを摘み取って株の負担を少なくし、株の充実を図ってください。

バックナンバー

  • 虎の巻123
  • 夏野菜の人気者トマト・ナス・キュウリを作ろう♪
  • 手作り畑で手作り野菜!