上岡先生の「プランター菜園のコツ」

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 上岡先生の「プランター菜園のコツ」
  3. 第8回 キャベツの栽培のコツ

第8回 キャベツの栽培のコツ

キャベツはビタミンCやカロテンを多く含むほか、胃腸薬の成分として利用されているビタミンUや疲労回復に役立つ必須アミノ酸のリジンも含まれています。 寒さに強く、氷点下になってもほとんど被害がないので、冬場の健康維持や野菜不足解消に役立つ野菜です。 プランターでは小型で生育が早い品種を選びます。夏まきなら「ロレーヌ」や「サボイエース」、春まきは「春波」「北ひかり」などがオススメです。

プランターでも、工夫次第でこんなに立派なキャベツができます!

種まき
春まき:3月下旬/夏まき:7月下旬〜8月上旬

プランターまたは育苗容器にタネをまき、混んできたら間引きします。

キャベツのコツ1 種まき

容器に応じた大きさに生長するので、大玉を目指すのであれば、<レリーフプランター深型600>以上の土がたっぷり入る容器がオススメです。用土は標準のもので大丈夫ですが、少し重い粘土質を好むので赤玉土を少し足してもよいでしょう。

<プランターサイズと株数>
<タネまきの時期について>

タネまきが遅れると生育が遅くなるため葉の数が増えず、しまった大玉はできません。タネまきは必ず、7月下旬から8月上旬に行うようにしてください。 春まきの場合は株が小さいうちに低温にあうと、トウ立ちしてしまうので、3月下旬以降にタネまき・育苗します。育苗中、ビニールトンネルで保温するとトウ立ちが少なくなります。暖かくなると害虫が増えるので、しっかり防除しましょう。

タネのまき方は直まき、育苗栽培のどちらでもできます。

<直まき>

少量なら、植え替え時の傷みがない分、直まきがオススメです。育苗栽培よりも10日以上早く収穫することができます。

  • 株間15〜20cm、1ヶ所3〜4粒で点まきします。

  • 本葉4〜5枚の頃

    混んできたら間引きし、本葉が4〜5枚になる頃、1本にします。

<育苗>
  • ペーパーポットやセルトレイに1マス3〜4粒ずつタネをまき、混んできたら間引きます。

  • 定植適期の状態

    本葉が4〜5枚になるまでに1マス2〜3本にし、株間15〜20cmに定植します。本葉が7枚になるまでには1本に間引きします。

追肥
春まき:4月〜5月/夏まき:8月〜11月

肥料を条溝施肥します。

キャベツのコツ2 肥料

キャベツは肥料をよく吸収するので、肥料切れを絶対起こさないように気をつけます。元肥を施し、その後は20日おきに4回追肥を施します。葉の色が薄いときは、10日に1回液肥を与えると、さらによく育ちます。

  • 左の写真のように結球が始まった頃から、特に生長が旺盛になります。水をたっぷり与えるようにしましょう。

ポイント
  • 生育期が長いので、下葉が枯れてきます。病気を防ぐため、枯れた下葉はかき取って株を清潔に保ちましょう。

収穫
春まき:6月下旬〜7月上旬/夏まき:11月下旬〜1月

球がよくしまったら、収穫します。

ポイント
  • 結球後、収穫せずに放置しておくと、裂球してしまうので注意!
キャベツのコツ3 収穫
  • 球がよくしまったら収穫です。外葉を押さえて、包丁でキャベツの球を茎から切り離します。
    品種によっては柔らかめで収穫するほうがよいものもあるので、タネ袋などの記載を確かめてください。夏まき栽培は寒さにある程度当たった方が、甘味が増します。

バックナンバー

  • 虎の巻123
  • 夏野菜の人気者トマト・ナス・キュウリを作ろう♪
  • 手作り畑で手作り野菜!