上岡先生の「プランター菜園のコツ」

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 上岡先生の「プランター菜園のコツ」
  3. 第6回 サツマイモの栽培のコツ

第6回 サツマイモの栽培のコツ

日照りや乾燥に強く、肥料も少量しか必要ないサツマイモ。つくりやすく、初心者にオススメの野菜です。また、ビタミンB1・Cを豊富に含み、食物繊維もたっぷり!「焼きイモ」や「イモがゆ」「大学イモ」のほか、天ぷらや煮物など美味しい料理も色々です。プランターでもツルを支柱に誘引すれば、場所をとらずに大きなイモが収穫できます。

土がたっぷり入るプランターさえ用意すれば、栽培は簡単!秋には家族とイモ堀りを楽しむのもいいですね!

定植
5月〜6月上旬

なるべく茎が太く、葉が5〜6枚ついている苗を購入します。

苗を買ったら、その日のうちに定植します。植え付け後、元肥を施します。

ポイント
  • 苗がしおれていたら、水揚げします。
サツマイモのコツ1 容器

土量の多い深型の容器を使います。大きなプランターや「土のう袋」などを用いてください。用土は古い土でもかまいません。

<おすすめプランター>
サツマイモのコツ2 定植

地温が15度を越える5月上旬以降に定植します。 長い苗は「水平植え」、短い苗は「斜め植え」が適しています。 <ベジタブルプランター><ジャンボプランター>は1条植えです。

  • <長い苗:水平植え>
  • <短い苗:斜め植え>
    「斜め植え」の場合は、「水平植え」の半分間隔で倍数の苗を植えます。

容器に土を多めに入れ、深さ5cmほどツルを埋めます。この際、葉は地上に出しておきます。 あまり深く植えるとイモがつきにくくなるので、注意しましょう(浅いほど良いです)。 乾燥させないよう、定植後10日間は毎日水やりしてください。

肥料・水やり
6月下旬〜9月

以後20日ごとに2回、条溝施肥します。

ポイント
  • サツマイモは多肥を嫌うので、肥料は少なめを心がけます。葉の色が黄色くなっているようなら、液肥を与えてください。
  • 支柱にツルを誘引します。場所に余裕があれば、地面を這わせてもかまいません。

サツマイモのコツ3 誘引

ツルは「地這い」もできますが、支柱などに誘引する「立ち作り」がオススメです。受光量が多くなるので、ツルは短くてもガッチリと育ち、大きなイモが収穫できます。

  • ツルには自分で巻きつく力がありません。支柱に巻いて、誘引ヒモで固定してやりましょう。

    ベランダのフェンスに 誘引させてもOKです。

収穫
10月

葉が枯れ始めたら、収穫します。
霜が降りるとイモが腐ってしまうので、収穫の時期を逃さないよう注意してください。

ポイント
  • ツルを切り取ってから、イモを傷つけないよう慎重に掘ります。

バックナンバー

  • 虎の巻123
  • 夏野菜の人気者トマト・ナス・キュウリを作ろう♪
  • 手作り畑で手作り野菜!