1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 上岡先生の「プランター菜園のコツ」
  3. 第5回:メロンの栽培のコツ
上岡先生のプランター菜園のコツ
page:1/2
第5回:メロンの栽培のコツ

メロン
上岡先生「やや難易度の高いメロンに今回は挑戦します。」

メロンと言えばデザートの王様!余分な塩分の排泄を促すカリウムや便通を整える食物繊維に加え、話題の健康成分「ギャバ」を豊富に含みます。体内への吸収が早いショ糖・果糖といった糖質が多く、水分もたっぷり!夏バテ防止にピッタリです。
日光が大好きですから、日当たりが特に良い場所で育ててください。

4月
 


タネまき
・ペーパーポットなどを用い、ひとマスに1粒ずつタネをまきます。タネまき後はすぐに、ビニールトンネルや育苗器で保温します。
仮の支柱
ポイントある程度大きくなってきたら、苗が倒れないよう仮の支柱を立てます。



  ・本葉3枚まで育ったら、株間23cmで定植します。
メロンのコツ1:タネまき・定植
 5月  
上岡式の条溝施肥
・20日ごとに3回、条溝施肥します。
ポイントメロンは株元が湿りすぎると病気にかかりやすくなります。水やりの際は株元に与えず、プランターの縁沿いに作った肥料用の溝に施します。
6月
 
 
メロンの花
 
・本葉が4〜5枚になったら摘心し、子ヅルを2本伸ばします。
・人工授粉します。 メロンのコツ2:整枝・授粉
7月
 
8月
 
メロン  
・授粉後50〜60日で収穫します。

ポイント ・品種によって完熟までの日数が異なるので、タネの解説や購入店などで確認しておくと安心です。

メロン・収穫後、3〜4日間常温で追熟させると甘みが増します。ヘタ部分が少し柔らかくなったら食べごろです。

メロンのコツ3:病害虫予防