上岡先生の「プランター菜園のコツ」

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 上岡先生の「プランター菜園のコツ」
  3. 第4回 青ジソの栽培のコツ

第4回 青ジソの栽培のコツ

薬味として大活躍の青ジソはビタミンAやカルシウム、鉄分を豊富に含む優れもの。さっぱりとした香りは夏の食卓を涼しげに演出してくれます。間引いた株や穂ジソのように、葉とは異なる味わいを楽しめるのも魅力です。味噌汁の具やサラダなど、食べ方を考えるのも楽しいですね。品種は葉脈が浅い葉ジソ用を選んでください。

青ジソはそれほど大きくならず、手近にある古土でも育つので、気軽につくれる野菜です。プランターひとつあれば、大家族でも十分楽しめます。

種まき
4月〜6月上旬

条間12〜13cmで条まきする。

ポイント
  • いったん乾燥させると株が弱るので、水やりは忘れずに!夏場は1日2回行います。
青ジソのコツ1 種のまき方

直まき、育苗どちらもできます。多く栽培するなら育苗がオススメです。

≪レリーフプランター650≫なら、2条にタネをまきます。 青シソのタネは発芽に光が必要なので、タネが隠れる程度に薄く土をかぶせます。

  • 育苗の場合は間引きながら本葉4枚まで育て、株間10cm〜13cmになるように定植します。

肥料
6月下旬〜9月

葉が重なってきたところから間引き、最終的に株間を10cm〜13cmにする。

ポイント
  • 残す株を傷めないよう周りの土を手で押さえて、周囲の株を引き抜く。

草丈が20cm〜30cmくらいになったら、使う分ずつ葉を摘み取る。

ポイント
  • 1番若い生長点の葉は常に残しておくこと。
青ジソのコツ2 追肥

本葉3枚のとき元肥を施し、以後は20日おきに4〜5回追肥します。更に柔らかい葉を次々大きくする生長促進剤として、「バイオール」などの液肥を4〜5日に1回与えます。

青ジソのコツ3 害虫駆除
  • シソはヨトウムシなどの食害を受けます。農薬はできるだけ避け、見つけ次第取り除いてください。食べられてしまった葉をすぐに摘み取れば、新しい葉が再生してきます。
    ヨトウムシ 詳しくはこちら

収穫
10月

穂ジソを収穫する。

ポイント
  • この後、新しい葉はできないので、すべての葉を摘み取る。

バックナンバー

  • 虎の巻123
  • 夏野菜の人気者トマト・ナス・キュウリを作ろう♪
  • 手作り畑で手作り野菜!