1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 子供といっしょに野菜を作ろう!
  3. yoyoちゃんさん親子≫vol.1

yoyoちゃんさん親子 出来た野菜をみんなで食べるぞ!じいちゃん、ばあちゃん待っててね〜!

栽培を始める前に一言

目標は、家族4人が食べれて、じいちゃん、ばあちゃんにも御裾分け出来るようにがんばって育てるぞ!

この栽培を通して、野菜はこんな風に出来ていくんだとか、野菜栽培は何日も掛かって大変なんだとか、そんな事が子供なりにわかってもらえて、長男が進んで野菜を食べるようになってもらえれば、今回は親として満足です。


家族紹介
父(34)
yoyoちゃんさん。
母(34)
息子そら(4)
あんまり食事が好きでない年中さん
娘るな(1)
野菜は何でも大好き、女の子(邪魔をしないか心配です。)

大きなプランターに、たっぷりの粒状培養土。
箱から、大きなプランターを取り出し、ゴールデン粒状培養土を投入。
このプランターには約40Lもの培養土が(普通の一般的なプランターの3倍も)入りびっくりです。
培養土も3倍の量、そして、普段購入する培養土でなく、ゴールデン粒状培養土なので培養土の栄養も3倍以上、大収穫間違いなし?

庄内長ナスと千両ナスを購入
今回のモニター当選そうそうに、ゴールデンウィークでは、苗がなくなってしまうと思い、父(34歳)の独断で、某農業専門店にて、庄内長ナスと、千両ナスの苗2つを購入。苗に花が付いてからが植え時との事だったので、しばし見守ることに。

5月17日、花芽が大きくなってきたので、大収穫を夢見て2種類のナスを定植。

ジョウロいっぱいの水をあげて
そしてジョウロいっぱいの水をあげて、

そしてお祈り「ナスが採れます様に!」


最後の仕上げにみんなでお祈り。たくさんナスが採れます様に・・・。

作業を終えて一言

今回初めて、ゴールデン培養土を使用しましたが、さわり心地がサラッとしていて、一粒一粒が、鯉の配合飼料のような粒、爪の間にもあまり入らないし、手もキラキラした粉がつく程度、園芸=汚れるの概念が変わりそうな商品でした。
ただ、定植の際に土がかき分けてもすぐ崩れてきてしまうので、なかなかうまく植えつけられませんでした。

5分ほどの作業でしたが、娘の邪魔にも耐えて何とか終了。娘が葉をむしったり、苗を折ってしまわないか心配ですが、最後までがんばって育てたいと思います。

トノサマバッタ
みんなでお祈りしている中、ナスをじっと見つめる、るなちゃん(笑)。
でもみんなの願いは、きっとナスに届きそうだね!






今、伝えたいこと


≪前へ