1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. 夏野菜の人気者トマト・ナス・キュウリを作ろう♪

夏野菜の人気者トマト・ナス・キュウリを作ろう♪

プランター菜園初心者にも人気の三大野菜

夏の食卓でお馴染みの、トマト・ナス・キュウリは家庭菜園でも人気者♪

トマトを作ってみよう

用意するもの

育て方

@植える 4月下旬〜5月中旬
大きめのプランターや鉢に、鉢底石を底が見えなくなるまで入れ、
その上に培養土を入れます。 土に穴をあけトマトの苗を植え付けます。
プランター・鉢の深さは30cmほどで、幅は1株なら50cm・2株なら 70cm・3株なら90cmが理想。
この時、風で茎が折れないよう支柱を立てて苗を支えましょう。
支柱を立てる時は、根っこに傷がつかないように注意してくださいね。
@植える 4月下旬〜5月中旬
プランターの底がメッシュ構造になっていたりスノコがセットしてある場合は 鉢底石は不要です。
培養土はプランターいっぱいに入れずに、水やりの際に土が流れ出ないように、フチから2〜4cm程度余裕を残して入れましょう。

≫抜群の排水性で鉢底石要らず!
初心者におすすめゴールデン粒状培養土≫

ゴールデン粒状培養土

どうして支柱が必要なの??

A誘引・芽かき 植え付けの1週間後〜

≪誘引≫

支柱に沿って真っ直ぐ生長させるように、紐などで支柱と茎を固定 します。

≪芽かき≫

主枝を生長させるため、わき芽を見つけたら早めに芽かきをします。

取り除いたわき芽の切り口からばい菌が入ったら、トマトが病気に なりかねません。
清潔なハサミで切り取るか、主枝を傷つけないように手でちぎり取り ましょう。

B誘引・芽かき 植え付けの1週間後〜

わき芽って何??

B追肥 植え付けの1ヵ月後〜

ポイント!水のやりすぎに注意!

トマトの原産地は比較的雨の少ない南米のアンデス地方。
水分を控えることで、より甘いトマトができあがります。
また雨にあたり過ぎると病気になったり、枯れてしまうこともあります。
雨がよく当たる場所であれば、雨よけシートを使って健康で甘いトマト作りを目指しましょう!

簡単組立

≪ビニールシートタイプ≫ベジタブルアーチセット
B追肥 植え付けの1ヵ月後〜

週に一回程度、肥料を与えましょう。
液体肥料なら葉からも養分を吸収
するので即効性が期待できます。

C収穫 7月上旬〜8月下旬

ポイント! 摘心

支柱の高さいっぱいまでに生長したら、枝の先端をはさみで切って茎葉の生長を 止めます。
そうすることで実の生長を促します。
収穫は3〜4段目くらいでおこないましょう。

摘心

C収穫 7月上旬〜8月下旬

黄色い花が咲いてから30日ほどで
トマトが色付はじめます。
真っ赤に完熟させてから収穫 するか、
早めに収穫して室内で完熟 させましょう。

収穫したらおいしく食べよう♪

夏野菜たっぷりラタトゥイユ

トマトのシャーベット

編集部おすすめアイテム
  • ゴールデン粒状培養土
    【野菜用】

    ゴールデン粒状培養土(花・野菜用)

    植物の生育が抜群に良く、根も葉もイキイキと育つ粒状培養土です。生育の違いを実感して下さい!野菜を育てるのに必要な栄養素が予め入っているので、面倒な手間なしですぐに使えて便利です!

  • 支柱の倒れにくい
    簡単菜園プランター

    支柱の倒れにくい簡単菜園プランター

    支柱ホルダーとスノコの2ヶ所で支柱を固定することで、倒れにくくなっているので、トマトなど実物野菜の栽培に最適です。底に水を溜められるスペースがありますが、水抜き栓が付いているので、育てる野菜に合わせて水抜き調整ができます。

  • ベジタブルポット深型

    ベジタブルポット深型

    排水性と通気性を良くするために、スリット溝付きの上げ底構造になっています。

ページTOPへ

トマト栽培のポイント
次のページへ