第20回:“ネギで風邪予防”の真相

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. 第20回:“ネギで風邪予防”の真相

第20回:“ネギで風邪予防”の真相

体を温め、疲労回復にも効果的とされているネギ。薬用植物として古くから栽培されています。 風邪の予防に効果があると言われている、そんなネギを食べると出てくる体の変化とは!?今回はネギの秘密についてご紹介いたします。

ネギの秘密について

ネギには血管の老化予防や体を温める働きがあるとされ、風邪のひき始めにはネギを食べたり湿布薬に使うなどの方法が長く受け継がれています。
そんなネギが持つ、独特のニオイの元となっているのは「アリシン」という物質。この物質、実は強力な殺菌効果があるのです。
摂取することによって、のどや口の中の風邪ウィルスの繁殖を抑えることができます。さらに嬉しいことに、疲労回復効果があるビタミンB1(お肉や卵に含まれる)の吸収も高めるので肉類と一緒に食べれば体力もアップ。
体を温める作用があるので風邪の予防には最適。抵抗力を高めたり風邪ウィルスの繁殖を抑えるのに役立つのです。
調理する際は、アリシンは水に溶ける性質があり熱にも弱いため、あまり加熱しない方がよいでしょう。お味噌汁が出来上がって最後にたっぷりと刻んだ白ネギを入れるのがよいですね。

体もぽかぽか、風邪知らずの元気な体で寒い冬を乗り切りましょう!

back number