第14回:にらの栄養と効能

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. 第14回:にらの栄養と効能

第14回:にらの栄養と効能

切っても切っても次の葉がどんどん生えてくる、生命力の強い多年性植物のニラ。1鉢育てておけば年に10回くらい収穫ができてしまう、そんなお得野菜のニラの栄養や効能をご紹介します。

老化予防に最適!

ニラは老化防止に役立つカロテンの他、ビタミンB1、B2、C、Eといったビタミン類、カルシウム、カリウムなどのミネラルなど、様々な栄養素がバランスよく含まれている緑黄色野菜です。 ニラ独特のあの強いにおいは、ネギやタマネギにも含まれる辛味成分「硫化アリル」によるものです。
硫化アリルには、ビタミンB1の吸収力を高める効果があるので、スタミナ増強を目指す方にオススメ!新陳代謝を促進する働きもあるので、食欲増進、夏バテ解消、風邪の予防、血液の流れをよくするなどの効果も期待できます。
また、ニラは肉や魚の生臭さをやわらげてくれるうえ、カロテンとビタミンEは油と一緒に食べると吸収力がアップ!つまり、レバーなどの肉類と炒めるのは非常に理にかなった調理方法なのです。
今夜のおかずはニラレバで決まり!栄養バランスのとれたおかずをモリモリ食べて、健康ライフを満喫しましょう!

back number