第10回:キャベツの驚くべき秘密

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. 第10回:キャベツの驚くべき秘密

第10回:キャベツの驚くべき秘密

生で食べても、スープやお鍋に入れてもおいしいキャベツ。 とんかつやエビフライなどに何気なく添えられていますが、それにはおいしさや彩りだけではないちゃんとした理由がありました。今回はそんなキャベツの秘密を探ってみましょう。

揚げ物に添えられるのには意味がある!

キャベツは、「貧乏人の医者」と言われるほど、ビタミンKやCに富んだ健康野菜です。ビタミンKは骨を丈夫にする作用があり、骨粗しょう症の予防に効果的です。
そして、キャベツにはキャベツの葉から発見されたというビタミンU(別名:キャベジン)が多く含まれ、これは抗潰瘍効果のある成分なので胃や十二指腸の潰瘍の予防・治療に効果が期待できます。
さらに、キャベツに含まれる各種ミネラルには、消化や吸収を助ける作用があり胃もたれなどを解消してくれる効果があるので、とんかつなどの油っこい食べ物に添えらるのは理にかなった食べ方なのです。

彩りやおいしさの役割だけでなく、こんな効果を発揮してくれる役割もあったなんて、驚きですね。今度、揚げ物に添えられたキャベツに出会ったときは、胃もたれを解消してくれる効果に感謝して残さず食べたいものですね。

back number