プランターで葉物野菜を作ろう♪

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. プランターで葉物野菜を作ろう♪

プランターで葉物野菜を作ろう♪

プランター菜園のおすすめポイント

  • 畑を耕したりする「重労働」はナシ!畑を耕したりする「重労働」はナシ!
  • 少量の土でも「立派な畑」です。少量の土でも「立派な畑」です。
  • 身近に置いて管理できるので、野菜の成長を毎日楽しく確認できます。身近に置いて管理できるので、野菜の成長を毎日楽しく確認できます。
  • 毎日の水やりも害虫対策もカンタンだから、忙しい人にもおすすめ。毎日の水やりも害虫対策もカンタンだから、忙しい人にもおすすめ。
  • 初心者だからちょっと心配、
    そんなあなたは『葉物野菜』から始めませんか??

    プランター菜園初心者におすすめ
    ホウレンソウ
    ネギ
    ちょっとステップアップ!
    レタス
    キャベツ
    おすすめポイント
    収穫まで約40日。
    半日陰でも育つ。
    栽培の時期
    3月から4月
    (発芽温度は15〜20℃)
    用意するもの
    ○プランター(薄型)
    ※葉物野菜の栽培は薄型のプランターでOKです!
    ○ホウレンソウの種
    ○培養土
    ○鉢底石

    育て方

    @種まき

    種まき

    プランターに鉢底石を底が見えなくなるまで入れ、その上に培養土を入れます。
    ダンボールなどで深さ1cmの溝を15cm間隔で作り、作った溝に、2cm間隔で種をまきましょう。
    種の上から溝が隠れるくらいに土をかぶせて下さい。
    ≫初心者におすすめの培養土

    ポイント
    培養土はプランターいっぱいに入れずに、水やりの際に土が流れ出ないように、フチから2〜4cm程度余裕を残して入れましょう。
    種まきのコツ
    種をまく前に土を湿らせておきましょう。
    また、種をまいた後の水やりは種が流れないように霧吹きなどでおこないましょう。

    A間引き

    間引き

    本葉が出てきたら、1回目の間引きをします。 株間が3〜4pになるようにしましょう。
    苗の高さが7〜8pになったら、2回目の間引きです。 株間が6〜7pになるようにしましょう。

    どうして間引きをするの??
    せっかく出てきたかわいい芽を抜くのは、とってもかわいそうな気がしてしまいますが、株と株の間に十分なスペースがないと根が太くならず、その後の生長に大きく影響してくるので、ここは心を鬼にしてきちんと間引きをしましょう。
    間引いたホウレンソウはもちろん、食べることができますので、おいしくいただきましょう。
    ≫【間引き】について詳しくはこちらから

    B収穫

    収穫

    高さが25p程度になったら収穫時です。
    ほうっておくと、葉が固くなるのでご注意を。

    あると便利!
    防虫&霜よけ カバー

    防虫&霜よけ カバー
    葉物野菜は虫に食べられやすいので、防虫対策をしっかりと行ないましょう。

    収穫したらおいしく食べよう♪

    ホウレンソウのチャンプルー

    どうですか?葉物野菜のプランター栽培なら
    気軽に始められそうな気がしてきませんか??

    お次は、お味噌汁の薬味など毎日の食卓に欠かせない
    「ネギ」の栽培に挑戦してみましょう

    次のページ ネギを作ってみよう