野菜の病害虫対策

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. 尻腐れ症

野菜の病害虫対策

尻腐れ症

尻腐れ症

発生しやすい野菜

トマト、ピーマン

発生時期

5月〜10月

発生時期

症状・被害・特徴

カルシウム欠乏による生理障害。
果実の花落ち部分が黒く変色し、果実が大きくなるにつれて変色部がへこむ。
土壌中のカルシウム不足、酸性土壌、乾燥、チッソ過多などにより、カルシウムの吸収が阻害されることが原因。

対策

  • 植え付け前に元肥として、カルシウムを多く含む肥料を施す。
  • 土壌の急激な乾燥を防ぐため、わらなどで株元をマルチングする。
  • 発症する前の予防として、カルシウム補給剤を葉に散布する。
  • 発症した実は回復しないので、見つけ次第除去する。

薬剤

  • 特になし
注意
  • ・病害虫の診断について、詳しくは農協や公共の指導機関などにご相談ください。
  • ・使用できる薬剤や使用方法は作物ごとに異なります。専門店や農協、公共の指導機関などにご確認の上、薬剤の注意書きをよく読んでからお使いください。
  • ・薬剤に関する記載はデータ作成時点のものです。また、登録の無い薬剤も一般的にその効果が知られているものは記載しています。