同じ植物を植える時に前の年に植えた場所と変えた方が良い...

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. アイリス家庭菜園ドットコム
  2. みんなで解決!教えて菜園ひろば
  3. 土作りのひろば
  4. 同じ植物を植える時に前の年に植えた場所と変えた方が良い...

みんなで解決!教えて菜園ひろば

質問内容

同じ植物を植える時に前の年に植えた場所と変えた方が良いと聞くのですが本当でしょうか?植物によっても違うものでしょうか?教えてください


回答

 連続して栽培すると程度の差がありますが、障害が発生します。
 連作栽培した場合の障害は主に次の2点です。

 1点目は、栽培植物から特有の生育弊害物質が土中に浸出してきて生育を阻害する。ナスなどは4〜5年残留して大きな障害発生になる。

 2点目は、栽培植物が優先的に吸収する肥料成分が連作により欠乏して十分に生育出来なくなる。

 栽培植物により連作の影響度が異なります。先人たちの経験を学び、栽培場所の変更、土壌改良、堆肥の施肥方法などで対象植物に適合した栽培工夫が必要です。

2016/03/18 11:49:38
回答者:楓韻さん


回答

同じ作物を続けて植えると「連作障害」が起こるので、栽培地を変える方が無難です。ただし、連作障害の程度や必要な間隔は作物によって大きく異なります。一般に果菜類は最も問題が大きく、次に根菜類で、葉菜類は比較的問題が少ないです。連作障害の原因の一つは、連作すると土中の特定の成分が減少することにあるので、きっちりと有機肥料(堆肥)を入れて土作りをすればある程度は防げます。こうすれば、葉菜はほぼ問題ないです。ただ、トマトやナスの果菜類はどうしても最低3,4年はあける必要があります。なお、連作障害は、作物単位でなく植物の「科」単位で考える必要があるので、数年間の作付計画を頭に入れて栽培することが重要です。

2015/04/04 07:29:19
回答者:TADさん


みんなで解決!教えて菜園ひろばTOPに戻る