第4回 まときちさん

アイリス家庭菜園ドットコム
  1. 第4回 まときちさん
冬の家庭菜園の過ごし方

第4回 まときちさん
富士山の麓という自然豊かな環境の中で、約40坪の畑で野菜を栽培

名 前 : まときちさん
住まい : 一戸建て
家庭菜園歴 :4年
ホームページ : ちょんまげファーマー

まときちさん

これがまときちさんの家庭菜園!

まときちさんの家庭菜園!
畑は約40坪、庭に一坪程度の畑と野菜プランター2つです。年間だとだいたい30〜40種。家庭菜園を始めたきっかけは、ホームセンターでナスの苗をなんとなく買って、プランターで育ててみたこと。何も考えずにただ植えたら実がなったんですが、すぐに枯れてしまいガッカリ…。やっぱり地植えしたいと庭の一部に土を入れ、畑を始めました。それがどんどんエスカレートしていって土地を借りて自分で開墾したのが今の畑。 だから思い入れたっぷりなんです!

Q1. 秋冬に育てるおすすめの野菜は何ですか?

【ホウレンソウ】
しっかり発芽さえしてくれれば後は間引きと追肥だけで美味しいホウレンソウができます。冷え込んでくるほど、甘みが増した濃い味のホウレンソウに。

→  「ホウレンソウ」について詳しくは野菜図鑑で!
【レタス】
防寒さえしっかりすれば、採れたて新鮮なレタスが冬も食べられます。市場に出回らない外葉はラーメンに入れたり、しゃぶしゃぶで食べると美味しい!

→  「レタス」について詳しくは野菜図鑑で!
【ハクサイ】
苗の植え付けが遅くならなければ秋冬で一番重宝する野菜です。色々な品種が出ているので、「次はどれを作ろうかな…」と作る楽しみも膨らみます。

→  「ハクサイ」について詳しくは野菜図鑑で!
【コマツナ】
年中栽培できる優れもの。秋口の葉物がない時期には大助かりします。

→  「コマツナ」について詳しくは野菜図鑑で!

Q2.春に向けて秋冬の間にやっていることは何ですか?

土の再生
冬の間は「寒起こし」をしています。
いわゆる天地返しですが、土をスコップでひっくり返したまま寒気に当てます。
そうすることで根切り虫などの卵や幼虫を駆除できます。
ゴールデン粒状シリーズ 古くなった土の再生材

編集部おすすめ商品
ゴールデン粒状シリーズ 古くなった土の再生材
「古くなった土の再生材」を古くなった土に混ぜるだけで、 古土を再生することができます。ゴールデン粒状培養土に含まれている有機栄養分の約10倍を配合しています。

「古くなった土の再生材」詳しくはこちら(アイリスプラザへ移動します)

Q3.まときちさん流、春の家庭菜園プランを教えてください。

落花生
昨年、獣被害で大ダメージを受けたトウモロコシのリベンジ!
そして病気に悩まされたトマトのリベンジに燃えてます!
それから昨年絶好調でおすそ分けに出しても大好評でボクも鼻高々だったピーマン、昨年初めて栽培した落花生も栽培する予定です。

まときちさんの栽培スケジュール

ピーマン

落花生

Q4.私の菜園 ここが自慢 のポイントを教えてください。

菜園

「作りたいものをとにかく作る!」。
畑は連作障害や害虫の影響も受けやすいですが、とにかく無農薬・完全有機栽培にこだわってます。
富士山の麓ということもあり、畑に引いている水は“キレイすぎて魚が住めないほど”と言われるくらいなんですよ。
そんな水源で野菜栽培できるのが自慢です。